2017/11/23

【なぜ内省することが大切なのか】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。神戸生まれ、神戸在住の小村真理子です。 タローデパリのセッション、自宅でお料理教室を開催しています。 自分を生きるためのサポートのスクール、セルフメンテナンスの体操教室は神戸・福山・広島・福岡で開催中。
詳しいプロフィールはこちら

小村真理子です。


先日は妹の誕生日祝いで、神戸のホテルオークラの中華を食べてきました。
わたしの父と母、妹、だんな様の5人で家族団らんの穏やかな時間でした。


桃饅頭が5個のお尻みたいで可愛かった。

日々の内省の大切さ

先日、だんな様と話していた時に、
「僕も毎日、内省しようーーー!やっぱり内省は大切やな」と、ふと言っただんな様。

『そうだよ!毎日の内省は大切だよーーって、何回も言ったてのに!』とわたしの内側のチビ真理子は言いたそうにしてたけど、

そこは理性を使って「そうそう!大切だよね。」「麻紀ちゃんのスクールでも○○○って言ってるよーー」という会話を繰り広げておりました。

(だんな様の名誉のために、笑 内省してないわけではいけどもっとしよう!という意味だと思います。)

何か心がザワついたとき、
モヤモヤしたとき、
心が動いたとき、

何かあった時だけ内省をするのではなく、
日々の日常を通して内省をすることが大切です。

でも、ほとんどの人が特に何もない普通の一日を振り返ることはなく、何か嫌な出来事があった時に自分を省みることことが多いと思うのです。

麻紀ちゃんのスクールでは日々の内省を課題にだしています。
この課題を毎日決まった時間にすることで、内省が慣れてくるのです。


そうすると、わざわざ時間をとったりしなくても、普段の生活を送りながら内省ができるようになってきます。

もしも感情があふれてどうしようもないときがあれば、その感情を感じきった後、それから内省する。


内省は客観視の練習です、感情は入りません。

そして真実を見ることの訓練でもあります。

些細なことでイライラしたら、その表面的な感情の奥の奥を観ていくことで真実に出逢います。

自分や他者が言ってること、やってること、考えてること、そのもっと奥にあるのです。


真実は目には見えないところにある。

それに気が付いたとき、
どれだけ自分が自分の無意識の領域にあるエゴイズムからの行動をしていたかが見えてきます。

自分を知った時


わたしがそこに気が付いたときは、とんでもなく落ち込みました。人生の終わりだーーくらいに暗闇の中でした。

知らず知らずに今まで誰かを傷つけてしまっていたという罪悪感や、自分の無知である恥ずかしさ、そして何よりもその自分を自分で責めたのです。

もしかしたら自己探究において一度は通る道なのかもしれませんが、そういう感情もあるのならさっさと素直に受け入れて認めることが大切だと、わたし自身の経験からはそう考えてます。

自分を甘やかして誤魔化して、真実に目を向けず、変にポジティブな考えをもってくることほど、真理の道からはズレるのではないかと思います。


ただ真理でいうと、それさえも必要な過程で、
そしてわたしは、その選択する人たちをただ尊重するだけです。

これは今もコツコツとやっていってるところひとつです。

もちろん自分のあり方がズレていないかも常に観察することは必要だし、自分が真実を見ていると他者のあり方をも見抜けるようになります。

そして行動する


そうやって日々の内省をし続けることが自分を深く理解していくことでもあります。

無意識からの言動が、いつも意識下でできるようなり、
どんな状況、環境でも揺れることなく「自分」という存在を客観視できるようになります。

そうすると日々、理性を使って自分の言動をコントロールできるようになるということ。

理性は愛です!(by.坂本の麻紀ちゃん)

そうなるいつだって自分へ、そして他者へ愛をもって接することができる。それが愛を与えることだと思います。

わたしはここ最近、こんな感覚が何度かありました。

「自分」という一人の人間を完全に客観視できているような感覚。

その時はどう自分が地球に貢献できるんだろう、ということがずっとわたしの周りを巡っていました。
今までとは違った感覚。

自己充足感の極みのような感じなんだろうか。。。

それを麻紀ちゃんに伝えると、「その感じが少しづつ増えてきて、ずっとそうなるよー」と教えてくれました。

まー楽しみ!自分の足元もしっかり見ときます。。。

 

今の時代はどうしても目に見えるものに価値を置いてしまいます。

有名で人気があるとか、勝ち負けや優劣で人を評価したり、どれだけ稼いでいるか、どこに住んでるとか、どんな服を着てるかとか、物質的な豊かさや華やかなことが素晴しいとされていたり。

そういったものに憧れて本来の生き方からズレてしまったり、、、ってね。

わたしは「自分を生きて」自分の魂を輝かせること、それがわたしたちが心から幸せを感じ穏やかに人生を送ることだと思ってます。

そのために表面的な物質社会から目には見えない真実を見いだしていくこと、それが今のわたしたちに必要なのではないかな、と思います。

そのためにはまずは一人一人が「自分」というものを理解していくこと、
それには毎日の日々の内省をコツコツすることが大切ですよーー、ということを書いてみました。

以前の記事です

内省のこと書いてます
内省するときに大切なこと

麻紀ちゃんのスクールは神戸、福山、広島、福岡で開催中。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。神戸生まれ、神戸在住の小村真理子です。 タローデパリのセッション、自宅でお料理教室を開催しています。 自分を生きるためのサポートのスクール、セルフメンテナンスの体操教室は神戸・福山・広島・福岡で開催中。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© KOMURA MARIKO , 2017 All Rights Reserved.