Laule'a

水晶山の石

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。神戸生まれ、神戸在住の小村真理子です。 タローデパリのセッション、お料理教室を開催しています。 自分を生きるためのサポートのスクール、セルフメンテナンスの体操教室は神戸・福山・広島・福岡で開催中。
詳しいプロフィールはこちら

小村真理子です。

クリスタルとお話しするのシリーズ。
今回は水晶山の石です。
レムリアンシード⇐
モンドクオーツの種⇐
カイヤナイト⇐
ロシアンレムリアン⇐
ナミビアの石⇐
アクアプレーズ(アトランティスブルー)⇐

福岡の糸島に水晶山と呼ばれている山があり、そこで麻紀ちゃんが掘ってきた石です。
このお家に引っ越しが決まった時、家の図面を見ていたら天国のおばあちゃんからクリスタルをダイニングに置くようにと言われました。
その石がなんと麻紀ちゃんが掘った水晶山の石なのでした。

めちゃくちゃ強い守り神のような石です。


水晶山の石∗2020.11.20

(意識を合わせると暖かい大地のイメージ)
もっと強く、大きくなりなさい。
今はそのための時期です。
まだまだ失敗を繰り返しなさい。
できてもできなくても、目の前のことにただ取り組むだけ。
感情がわけばそれもまた前に進むための訓練。
結果ではなく、どれだけそこに真摯に取り組んだかです。
全てあなたの精神を強くしなやかにしていく材料です。
みんながあなたを応援しています。


昨年の終わりからクリスタルたちから、見えない存在から、いろんなところから今年はもっと大きく強くなりなさい。
と言ってもらっています。
そのためにはいろんな経験をしていくんだな、とは思っていましたが、具体的にどういうことなのかがピンときていなかったのです。
年が明けてそういうことか!!みたいな出来事が次から次にありました。

無意識で限界を決めてしまっていたり、無意識で自分に制限をかけてたりすることがまだまだある。
できるとかできないではなく、やりたいかやりたくないかで選択し続けてきていて、それができてきたら次はもうそれさえも手放していくことになる。
できる、できない、とかそんなことが湧くような立ち位置ではないということをインナーセルフからは言われています。
とにかくフラットである。
ただただ、粛々とやるべきことをやり続けるだけ。
できるかできないかの一瞬の不安や葛藤にさえも、そんなことにエネルギーを使っている暇はないようです・・・。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。神戸生まれ、神戸在住の小村真理子です。 タローデパリのセッション、お料理教室を開催しています。 自分を生きるためのサポートのスクール、セルフメンテナンスの体操教室は神戸・福山・広島・福岡で開催中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© KOMURA MARIKO , 2021 All Rights Reserved.