mariko's room

スイスからの荷物とラインフェルデンでのこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。神戸生まれ、神戸在住の小村真理子です。 タローデパリのセッション、自宅でお料理教室を開催しています。 自分を生きるためのサポートのスクール、セルフメンテナンスの体操教室は神戸・福山・広島・福岡で開催中。
詳しいプロフィールはこちら

小村真理子です。

先日スイスの宮田さんからおもちゃ箱みたいな荷物が届きました♪

 

 

ひとつひとつ手に取って、洋子さんの書いてくれたメモを読んでいたら嬉しくて泣きました。

 

帰国してから麻紀ちゃんと一緒に鬼平犯科帳のDVDをスイスに送りました。お母さんの雪子さんが江戸を思い出しながらYouTubeで鬼平犯科帳を見ているとおっしゃってたので、DVDの方が見やすいだろうと麻紀ちゃんが提案してくれました。
他にもお蕎麦とかラーメンとか。好きって言ってたなーと思い出して、そちらも。

 

そうしたら、こんなにたくさんの贈り物が届きました。

セイロンシナモンはキャロットケーキに使います♪

 

スイスのラインフェルデンに住む宮田さんのお家には、9年前に10日間ほど滞在していました。
一緒に買い物に行ったり、散歩したり、お料理したりして、いろんなことを教わって、丁寧に生活することに興味を持ったのもこの時からでした。

 

本当によくしてもらったので、またいつか必ず会えたらいいなー、と思っていたのが、今回のヨーロッパ旅行で叶いました。

 

アウグスタのバス停で洋子さんを待つわたしたち

 

この日は朝からローマ遺跡へ行っていました。
ローマ遺跡のあるアウグスタラウリカは宮田さんのお家から近いので、洋子さんがアウグスタの駅まで迎えに来てくれました。
再会した瞬間に嬉しくて、抱きついて涙ぐむわたし。なぜか感動してしまった。

 

スッキリ素敵になられてー、と言ってくださいました。
そうです!あの時はパンばかり食べ、今よりも浮腫みもひどくて真ん丸のお顔でした。
麻紀ちゃんのおかげです。って言ったら、素敵なコミュニティをつくられてますね、って、見ていてくれていたー。

 

めちゃめちゃ美味しいリンゴジュース

 

懐かしいお家に到着すると、洋子さんのお母さんの雪子さんが玄関で待っていてくれて、ものすごく喜んでくれました。93歳の雪子さんは少し痴呆がすすまれたそうですが、とても元気そうでわたしのことも覚えてくださっていて、まだパンを作ってるの?と何度も聞いてくださいました。

 

ジャックくんの喜びの図

 

テラスにいくと、リンゴジュースがでてきました。
樹上で熟してから収穫するという自然栽培のりんごを手絞りにしたジュースだそうです。なんにもいれてないのに軽く発酵がはじまって、微炭酸みたいになっている。なんじゃこれーー!という美味しさです。

 

自撮り棒をはじめて見ておもしろがっておられました。

 

みんなでお料理をしました。

 

このトマトも自然栽培

 

あれ、なんか似ている2人

 

つまみ食い麻紀ちゃん

 

レンズ豆はハーブで香りをつけて炊いてらっしゃった

 

チコリーは焼き付けてからスープ煮

 

なんかくれーって催促するジャック

 

ザクロの花を乾燥したものは盛り付けに一役

 

できあがり!

 

ハーブで炊いたレンズ豆の上にとろとろのモッツァレラチーズのブッラータをのせて。
ホタテのグリルとチコリのスープ煮

 

自然栽培をしているビオおじさん(頑固おじさん)のトマト
真っ赤になるまで樹で熟すトマトが美味しすぎる!!
紫色のバジルがいい香りでした。

 

いつもの黒パンと日曜日だけ焼かれる白いパン

 

スイスで一番の高地栽培のワイン。
なのに安いんだって。
美味しすぎた!

 

ジャックはおこぼれを待っている

 

身体をなすりつけてくる、笑

 

麻紀ちゃんと雪子さん、めっちゃ癒される
相変わらずパンとバターが大好きな雪子さんは「わたしねパンが好きで、パンはずっと食べられるのー」「食いしん坊なのよー」とあの時と同じようにニコニコしながら麻紀ちゃんにお話ししてました。

 

プルーンとオレンジのワイン煮

 

大好きなテラスでまた食事ができる幸せ

 

洋子さんの手作り、洋ナシのタルト

 

片づけ終わったテーブル

 

わたしが滞在していた時も毎朝、毎晩、このテラスで食事をするのがとても楽しみでした。当時は庭が森みたいになっていて雪子さんが植物のお世話をするのを一緒に手伝ってみたりしてました。

朝は新鮮な空気と朝の光の中でパンとバター、いろんなジャムとたっぷりのカフェオレ。たまにわたしもパンを焼かせていただきました。

夜はワインと簡単な食事をとって、外が暗くなるまで語って、ほろ酔いで寝る。というのが毎日のパターンでした。あまりに暗いときはキャンドルを灯して、影を頼りにお話しすることもしばしば。
夜は暗いのがあたりまえになったのも、ここの影響が強いかもしれません。

 

当時は日本では少なかった自然栽培や有機の畑をされているビオのおじさんのところに連れて行ってもらったり、その新鮮なお野菜をシンプルな調理で味付けすることで食材の美味しさが引き立つことも知りました。

 

料理だけでなくて、洗濯のことも、掃除のこと、、そのエッセンスは今のわたしの生活にも影響を受けているなーと、改めて実感しました。

 

帰るときも泣きそうになりました。

 

一目会えたらいい、と思っていたのに思いがけずお料理まで用意してくださって本当にありがたい時間でした。

 

また会える時まで、元気でいてください。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。神戸生まれ、神戸在住の小村真理子です。 タローデパリのセッション、自宅でお料理教室を開催しています。 自分を生きるためのサポートのスクール、セルフメンテナンスの体操教室は神戸・福山・広島・福岡で開催中。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© KOMURA MARIKO , 2018 All Rights Reserved.