2018/04/17

自然を思い出す旅

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。神戸生まれ、神戸在住の小村真理子です。 タローデパリのセッション、自宅でお料理教室を開催しています。 自分を生きるためのサポートのスクール、セルフメンテナンスの体操教室は神戸・福山・広島・福岡で開催中。
詳しいプロフィールはこちら

小村真理子です。

先日、広島の坂本麻紀ちゃんから広島においでー、そんで一緒に島根に行こう!

とお誘いをしてもらい、すぐ行く!と決めて、その2日後に広島に向かっておりました。

地元の食材でパワーをもらう

最近の麻紀ちゃんは直観がキレッキレなのです!
わたしは昨年末から向き合うものがどんどん溢れてきて、メンタルもハートも身体も疲れてたので、
自然に触れたいなーと思ってたところでした。


わたしが広島に着いたときにはすでにレンタカーを借りてくれていて、すぐに島根に向かいました。
まずは食べました!腹ごしらえ!
麻紀ちゃんが予約をしてくれていて、いたれりつくせりでした。ありがたい♡

 

元酒蔵を改装したイタリア料理屋さんです。

野菜の優しい味のするスープ。
今の季節は赤カブの色がでていて綺麗なスープでした。

前菜は写真を写すのを忘れていまして、無農薬のお野菜を使ったり地元の豚肉を使ったパテなどの盛り合わせでした。


地元の醤油店の甘酒をつかったソースが美味しかったよ。

 

パスタはキャベツのペペロンチーノ。広島のレモンが効いてます。美味しい!

 

メインは豚肉を選びました。
岩見ポークだそうです。

脂っこくなくて、これまた美味しい。

 

ここ邑南町(おうなんちょう)は町おこしに力をいれているみたいで、田舎なのですが閉塞感がなくて、とても気持ち良く清々しい町でした

 

地元で収穫される質の良いお野菜や食材を使ったものがでてくるので、いろいろ質問したら親切なおもしろいスタッフの方が丁寧に教えてくれました。

山葵ができるくらいお水がきれいなので、ただの水道水がすっごく美味しい!


ごくごく飲みました。

水の匂いに敏感な麻紀ちゃんもびっくりしておりました。

 

また来る!

田んぼの真ん中にある「里山イタリアンAJIKURA絶賛おすすめ。
広島市にも店舗があるそうですー!

 

自然に触れる時間

お腹がいっぱいになった後は、麻紀スピリットおススメの場所へ向かいます。

麻紀ちゃんのスピリットに導かれる旅がはじまりました。

この2日間は桜が満開に咲き乱れてました。
移動しながらずっとお花見できた。

まずは「三瓶小豆原埋没林」へ

昨年にも来たことがあるのですが、その時感じたこととはまた違ったものを感じました。

ここに着く前からずっとしんどかったのです、笑

縄文杉さんに触れると、わたしの中から「最後まで信じれなくてごめんね」って言葉が何度もでて、涙が溢れてきました。
なんでなんやろ?っと顕在意識のわたしの思考。

でも、とめどなくなる溢れてくるのは苦しくて、ずっと辛い思いを抱えていた一部のパーソナリティの声。
「ごめんなさい」ってずっと言ってる。

縄文杉さんは、全然気にもしてない様子で、「そんなのいいよー」って言ってくれる。

はじめから、赦されていて
はじめから、すべて受け容れられていた。

なのに、分からなくて知らなかっただけなのに、勝手に罪悪感をずっと抱えて、自分を責めていた。
わたしの中の一部の子。

縄文杉さんの暖かくて、大きな愛を感じて、ありがたくって、感謝の涙に変わりました。


縄文時代のことはよく知らないし、そんな過去生もあるのか知らなかったけど、

麻紀ちゃんは麻紀ちゃんでこの縄文杉さんから感じることがあり、その話を聞いていると、なんだかわたしもすでに知ってるような、覚えているような、やっぱりそうなんだ!という不思議な感覚でした。

縄文杉さんように、すでにすべてを受け容れ、すべてをゆるし、愛を持ち続ける存在でいたい。
日が経つにつれ、今のわたしはこの想いが強くなってきてます。

縄文杉さんとお話しして、仲直りして、また来るねーと後にしました。
(信じる信じないは自由です)

 

 

で、次は三瓶山のリフトを乗りに行ったら、もう終了してました。
ちーーーーん。

麻紀スピリットがずっと乗った方がいいっていうリフト。


明日乗りましょうー!と、広島に戻りました。
山陰の山々が美しい夕焼けでした。

 

夜は麻紀ちゃんのお家で、キムチ鍋。
座っていたら、あっという間にできあがってました。いたれりつくせりです。

ちなみにお風呂入ってたらお布団を敷してくれていた。いたれりつくせりです。

辛いのが苦手なわたしはあまりにも辛くて、、、口が開いたままになる。

麻紀お母さんにご飯と卵をいれてもらったら、モリモリ食べれました。
いたれりつくせりです。

ランチはボリュームがあったのに、縄文杉さんとのご対面の後はお腹が減っていたわたし。


ご飯をおかわりして、辛い!美味しい!の繰り返しで、たくさん食べました。

次の日のためのイカナゴのくぎ煮のおにぎりも作ったよ。


このおにぎりが重宝しました。

 

次の朝。

居心地まんてんの麻紀ちゃんハウス。
朝は、レムリアンシードにものすごく癒されましたーーー涙。
やっぱり自然って素晴らしいなー!

 

リベンジの三瓶山リフトへ

なんとーー!

 

定休日。。。

とりあえず、誰もいないので止まっているリフトに座ってみた。


動いてる気分。。。

このリフト、上から降りるときがめっちゃ恐いんだそうです。
びびりまくるそうです。

次また来るので、乗る練習を。

 

降りる練習も。

カンペキ!!

 

乗りたかったよーー!

後ろは女三瓶山。

三瓶山は男三瓶、女三瓶、子三瓶、孫三瓶、と山があるそうです。BY、麻紀情報

ごろんっとしたら、めっちゃ気持ち良かった!

この後発覚したのが、まさかの楽しみにしていたお昼ごはんの三瓶バーガーのお店も定休日でした。

 

気を取り直して、イカナゴのおにぎりを持って、龍頭が滝へ向かいます。

案内板を読んだら源頼朝さんともゆかりが深い場所でした。
わたしのご先祖様は源さんにいろいろお世話になっているらしいのです。

ありがとう!


穏やかな雌滝。

 


雌滝の上流に向かいます。

 

そこにあるのは雄滝。

わーーーっ!!!というのもつかの間、

すぐに腰を落ち着かせ、イカナゴのおにぎりを食べるわたし。

ちなみにこのイカナゴのくぎ煮はわたしの母がつくったものを麻紀ちゃんにおすそ分けしたものです。

2個食べて満足!

 


本当に綺麗な場所でした。

この滝は裏にも入れます。

革ジャンが濡れるのがいやで、笑。近づけないわたし。


体操のポーズもしてみた。


美しい麻紀ちゃん。

この滝に来る30分くらい前から頭が痛かったのですが、このときすっかり良くなります。

このとき、麻紀ちゃんはなぜか次に行く場所が出てきたらしく、
わたしは何も知らずに無邪気な子供心を思い出していました。


あーー楽しい!

滝を後にしたら、なんだかハートがしんどくなってきました。

 

麻紀スピリットに確認してもらい、そして次の行った方がいい場所へ向かいました。

その途中、ものすごい強烈な抵抗感があふれてくる。

ハートが痛い、
頭も首も掴まれたように痛い。

身体はワサワサして、なぜか思いっきり恐い。

 

そんなわたしの中の一部が大暴れしながら向かったのは「須佐神社」

落ち着きなかったのですが、しっかりお詣りしました。
ずっとゾワゾワしてました。

 

境内の裏にの大きな杉の木の姿を見てると、涙がでてきました。

前日の縄文杉さんと繋がったとき、わたしは何かを赦してもらいました。


ずっとずっとそれしかない!って頑なに握りしめていたもの。
その大きな愛に包まれて、それは解けていきました。

 

次はわたしが赦すこと。
ずっとずっと昔にわたしの魂が何度も何度もチャレンジしてきただろうけど、できなかった根っこの清算でもあるんだと思う。

 

それは、わたしもそうだったように、すべてを赦していくこと、そして相手を理解すること。
そうすると赦せなかった事や人に対して、慈悲の心が湧いてくる。

赦して、赦され、
受け容れて、受け容れられ、
愛して、愛される、

それがどんなに大きくて、深いのかが今回に身に沁みました。

 

まずは自分からです。

それは簡単ではないし、とても難しいことで、とても時間がかかるもの。

でも、わたしたち人間はそれが知りたくて生きてるんだとも思う。


無条件の愛、
それがどんなに壮大なのかは言葉では表現しきれないけど、この感覚はわたしの中にしっかりと残りました。

 

そしてわたしも「そうでありたい」と、縄文杉さんのあり方からたくさん教えてもらいました。


わたしはまだまだ未熟だけど、大きくて深くて優しく強い愛という一端を感じることができた2日間。

それは麻紀ちゃんのあり方からも、学ばせてもらえたのです。
ずっと山道を運転してくれて、ずっとわたしを見守ってくれていた。
そして必要な時に、大切なお話しをしてくれた。

本当にありがたい!

 

最後は広島駅で麻紀スピリットおススメの「みっちゃん」
間違い・・・麻紀スピリットおススメではなく、
坂本麻紀オススメ、美味しかった!

 

牡蠣の醤油焼き?だっけ。これまた好きな味。

しかし、お店のこんがらがるシステムに戸惑うわたしたちであった。。。

 

麻紀ちゃんは自己探求というところではわたしの前を歩む人。

そのあり方に影響を受け、わたしも真理のお勉強に飛び込んだのですが、
わたしが今向き合ってる大きな事もすでに向き合い終わらせ、次のステージで真摯に生きている麻紀ちゃん。

だから、今わたしが乗り越えたいと思っていることがどんなに大変かも、やったから知ってる。


「そうなんよー大変なんよー」って何度も言ってた。
そうやって理解してくれて、実践しているがいることはとても心強い。

「大変だけど、でも真理子ちゃんはできるんだよー」ってずっと言ってくれてた。

やりたい!という気持ち、
できることより、そのやろうとする姿勢がどんなに大切かも改めて深く理解できた。

 

生きるお手本が目の前にいることは、わたしは恵まれているなーとも思う。

すぐにはできないだろうし、すぐにできるのは危険だとも思う。

だから、じっくりと、ゆっくりと、しっかりと、時間をかけて丁寧にしていきたい。
揺らがない土台にしていきたい。

そして本当に時間がかかるのものだ、ということがよく分かったし。

わたしは火星の質だから、すぐにやりたい!絶対したい!ってなる。

そこを力をぬいて、やりたいことが明確であれば、なるようになるわー。
というあり方でいたい。

これも少しづつ、行動し続けて自分に落とし込んでいこう。

いつも見守って、導いてくれる麻紀ちゃん、本当にありがとう。


そんな麻紀ちゃんのお話し会を5月は神戸で開催します。

神戸では1年に1回のお話し会です。
麻紀ちゃんのお話しは聞く人の深いところに響きます。
「自分を生きる」とはどういうことなのか、興味がある人はぜひお越しくださいね。

5月10日㈭11時から13時★場所は三宮近辺
参加費・5千円

お申し込みはこちらから

麻紀ちゃんのお話し会は6月福岡でも開催します。

6月23日㈯10時から12時★福岡
参加費・5千円

詳細は早野美紀ちゃんまで

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。神戸生まれ、神戸在住の小村真理子です。 タローデパリのセッション、自宅でお料理教室を開催しています。 自分を生きるためのサポートのスクール、セルフメンテナンスの体操教室は神戸・福山・広島・福岡で開催中。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© KOMURA MARIKO , 2018 All Rights Reserved.